2005年07月15日

トラックバックについて

最近やっとトラックバックがわかりました。
「相手の記事に自分の記事へのリンクを作る」
機能なんですね。

びーのすけは頭が単純なので、シンプルに分解してかないとよく理解できないんですよねぇ〜。
で、もうちょっと自分のために整理すると、
機能について
1.相手の記事には自分の記事へのリンクと簡単な説明文をつけられる。
2.自分の記事には相手へのリンクは作られない。
3.トラックバック先の記事は、「トラックバックURL」というもので指定する。
4.トラックバックURLは相手の記事に書いてある。


ここで大きなポイントがあります。
それは、「トラックバックされる方はリンクを勝手に作られてしまう」ということと、
「トラックバックした方にはリンクもなにも作られない」ということです。
これは、これまでの普通のリンクとちょっと違います。全く逆なんです。

普通のリンクは、こっち側から相手側へのリンクです。
自分の方に「こういう場所ですよ〜」って説明があって、リンクがあります。
相手側にはなにもありません。
トラックバックは、相手側からこっち側へのリンクです。
向こうはトラックバックの欄に記事の概要とともにリンクが自動で作られます。
自分側にはなにもありません。

ここで、マナーの上でちょっと注意しなければいけないことが。
それは、
「トラックバックしたことを相手に伝える事」

「自分の記事でトラックバックの元になった相手の記事の紹介をする事」

です。
個人同士のコミュニケーションという色が強いブログの場合は特に大事です。
ブログを書いている人はやはり「よりたくさんの人にみて欲しい!」と思って書いてる人がほとんどだと思います。
だからリンクを作らせてもらった相手の人に感謝の気持ちを表しましょう。

と自分に言い聞かせてみる。
posted by びーのすけ at 21:48| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ふと、思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5113596
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

トラックバックの実験(トラックバックするほう)
Excerpt: びーのすけさんの「トラックバックについて」へのトラックバックです...ってオレやんっ!※アタマの中をdump!からいらした方へここは実験用ブログ&記事です。内容は特にありませんし、未整備ですし、なくな..
Weblog: 私の意見
Tracked: 2005-07-15 21:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。